お休みの風景

アクセスカウンタ

zoom RSS テレビ・レコーダーの有線LANをWiFi化

<<   作成日時 : 2017/07/11 12:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先日、SONYのブルーレイプレイヤーを買ったのですが、画質も良く、なかなかの優れものでした。
画像


ところで、この機械の背面には有線LANのコネクタがあり、接続するとYouTubeなどのネット動画が見られるらしいのですが、あいにくルーターからは距離があります。
最近はテレビやブルーレイレコーダーにもインターネットが接続できる機能を持っているのがあたりまえのような時代になっています。
ところが、そういった機能はほとんどが有線LANなんですね。
画像


そこで有線LANを無線LANに変換するようなものがないのか調べてみました。
ありました。

BUFFALO テレビ・レコーダー用 ワイヤレスユニット 300Mbps WLI-UTX-AG300

しかもテレビ・レコーダー用って書いてあります。

画像


購入先はAmazonです。価格は5000円でした。





箱の中身は説明書、本体、LANケーブル、USB延長コードです。
画像


本体の外形はこんな感じ。USBコネクタのところは90度曲げることができます。
画像

画像


本体にはスイッチとリセットボタンがあります。リセットボタンは爪楊枝などで押すタイプ。
画像


さっそくブルーレイプレイヤーに取り付けてみましたが・・・
画像


青ランプがむなしくゆっくり点滅するだけです。
ブルーレイプレイヤーでネットワークスキャンをしてみると物理接続はOKらしい。
しかし、インターネット接続はできていない。
そこで本体をいったん、ブルーレイプレイヤーからとりはずし、ルーターの近くに持ってきてUSB充電器で電力を供給。リセットボタンを押してみました。(もちろんルーターのAOSSボタンも押す)
画像


青ランプが速点滅して点滅が止まりました。どうやらうまくいったようです。
ブルーレイプレイヤーに接続してみました。ネットスキャンをやってみるとYouTubeのメニューが出ました。成功です。
画像


しかし、ここで問題が・・・
この状態ではパイロットランプが見えなくなるのです。
電源が入っているのか切れているのかわかりません。
画像


そこで、回転式のUSBコネクタを購入しました。
しかし、実際に届いてみると、これがフニャフニャな感じ。
空中で本体を支えるのは難しそうです。
画像


あきらめずに固定式のL字型のコネクタを購入。
しかし、これもなんだジャマな感じ・・・
画像

画像

本体を伸ばしてみても・・・
画像


結局、付属の延長ケーブルではなく、手持ちの短めの延長コードを使いました。
画像


この装置のUSB接続口は電源を取るだけのためのものです。通信は行っていません。
USBの無いテレビなどは別途USB充電器を用意すればOKです。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
テレビ・レコーダーの有線LANをWiFi化 お休みの風景/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる