余っているスマホをレトロゲーム機に

画像

スマホが1台余っているので、こいつをゲーム機にしてしまおうという・・・
もちろんSIMカードは抜いてあります。しかしWiFiで接続できるわけですからネットからダウンロードしたりメールを受け取ったりはできるわけです。この機種はSDカードが入れられない機種でしたがあアプリはGooglePlayからダウンロードできるので問題ありません。でも手持ちのデータをどうやってスマホに入れるか・・・
メールに添付するという方法もありますし、Dropboxという手もありますがYahooボックスが一番簡単かな(アプリじゃなくてデータの話ね)

3年前に8600円で買ったスマホだからファミコンが走れば良しとしましょう。
まず、PCからYahooボックスにデータを入れておきます。スマホにはGooglePlayからエミュレータアプリNostalgiaをインストールします。
画像


PCの画面に表示されているYahooボックスのURLを見ながらスマホのブラウザに入力しようとしたのですがURLが長すぎるので結局URLをメールで送りました。それならメールに添付した方が良かったか・・・
ということで無事データはダウンロードしました。(データがスマホ内のどこにダウンロードされたかは知らなくてもいいです)

ゲーム用のコントローラーが売っているので購入(1700円)
(無くても画面上にボタンが現れるのでそれをタップすれば操作はできますけども、こっちの方が雰囲気が出る)




コントローラーの上キーを押しながら電源ONでペアリングします。
スマホ側で設定→BluetoothをONにすると画面にSMACON_GPが出てくるので接続します。
画像
 
Nostalgieを立ち上げると自動でスマホ内をスキャンしてデータを調べてくれます。すでにデータはダウンロード済みなので検出して一覧にしてくれます。
画像

選択するとゲームスタートです。画面は小さいものの、操作性はまあまあです。
(画面は無料で公開されているゲームBlade Buster)
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック