AmazonのFireTVでファミコンのゲームを動かす

画像

 FireTVは自宅のテレビに接続してAmazonのプライムビデオを見るための装置です。ふとこの装置のOSは何だろうかと思って調べたらどうやらFireタブレットと同じFireOSのようです。つまりは基本はAndroid。それならAndroid用のファミコンエミュレータをインストールできればFireTVでファミコンのゲームソフトが動くのではないかと考えました。
  
そもそもAmazonアプリにはエミュレータは無いので直接ダウンロードできません。そこで外部のスマホかタブレットにエミュレータをインストールし、それをapkファイル形式にして取り出し、FireTVに転送してからインストールする必要があります。
 
【スマホ上での作業】
スマホまたはタブレットにAndroidエミュレータ Nostalgia.NESをGoogle Playからインストールする。
 
(もちろん設定→セキュリティ→アプリインストールは設定しておきます)
続いて、Androidアプリを吸出すソフト 「APK Extractor」 をGooglePlayからインストールする
(APK Extractorのインストールでカード番号かギフト番号が要求されましたが、スキップ)
 
さらにGoogle driveをGooglePlayからインストールします。
画像


APK Extractorを起動してNostalgia.NESを吸い出してファイルとして保存します。
画像


エミュレータのapkが保存されました。
画像


スマホ側のエクスプローラー(何でもいいです)でGoogleのクラウド(Gdrive)へアップロードします。ついでにゲームのデータもアップロードします。もし持っていないならBlade Busterを使用してください。(無料で公開されているファミコン用ゲームです)
画像
 
  
ここからは【FireTV上での作業】

開発者オプションから「ABDデバック」と「不明ソースからのアプリ」をオンにする
画像
 

設定→アプリケーション→インストール済みアプリケーションを開いて「ES Explorer」を開きます。
画像
 

ホームからクラウドドライブを選び、Google driveを選びます。このときアカウントを要求されますが、前記のスマホでアップロードしたときのアカウントで入ります。(もちろんメインの端末に通知が行きます)
画像


自分の名前のフォルダを開くとスマホでアップロードしたNostalgiaLite.apkファイルとデータが入っています。最初にデータをローカルにコピーします。(私はダウンロードフォルダにコピーしました)
画像


コピーしたいファイルを長押しするとチェックマークが付きます。画面の下のコピーを選びます。
画像

左にあるローカルを選ぶと画面が変わって内部フォルダが出ます。
画像

ダウンロードフォルダを開いて下のメニューのペーストを選ぶとそこにコピーされます。

もう一度GoogleDriveを開いてNostalgiaをダブルクリックするとエミュレータアプリがインストールされます。そのまま実行してください。ローカルディスクをスキャンしてデータを見つけてくれます。
画像

表示されているゲームを選択してクリックするとゲームが始まります。
選択状態は非常にわかりにくいので良く見てください。
画像


再度ゲームをしたいときは設定→アプリケーション→インストール済みアプリケーションで起動できます。
コントローラーはFireTV専用のものが売られていますが一般的なBluetooth接続タイプでも使えます。
手持ちのBluetoothコントローラーをFireTVとペアリングしてみました。
ちゃんとゲームで使えますし、今までどおりリモコンも使えます。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック