「どうぶつの森ポケットキャンプ」(ポケ森)

久しぶりにゲームにはまった・・・ スマホ用の「どうぶつの森」です。無料だし、無課金でもかなり楽しめます。 通信料がかかると嫌なのでタブレットでやっています。これならWiFiしかつながらないですから。   1日でレベル15まで行ってしまいました。 GooglePlayで「どうぶつの森ポケットキャンプ」でダウンロードしてください。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PSPでファミコンのゲームを動かす

PSPでファミコンのゲームを動かすことができましたので紹介します。意外と簡単でした。 (画像は無料で公開されているファミコンゲームBlade Busterを動かしているところです) 用意するもの ・パソコン ・メモリスティックPRO DUO (現在PSP本体に差し込まれているものでもいいですが不安なら新品をご用意ください…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Raspberry Pi Zeroでレトロゲーム機を作る

超小型のコンピュータ基板 Raspberry Pi Zeroを使ってファミコン、アーケードゲームが動くゲーム機を製作します。(写真はモバイルバッテリーを搭載しています)プレイステーションやニンテンドー64も動かしたい人はRaspberry Pi 3B+を使ってください。製作記事は→こちら Raspberry Pi Zero…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AmazonのFireTVでファミコンのゲームを動かす

 FireTVは自宅のテレビに接続してAmazonのプライムビデオを見るための装置です。ふとこの装置のOSは何だろうかと思って調べたらどうやらFireタブレットと同じFireOSのようです。つまりは基本はAndroid。それならAndroid用のファミコンエミュレータをインストールできればFireTVでファミコンのゲームソフトが動く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレイステーション クラシックで手持ちのゲームを動かす

プレイステーション クラシックが安くなっていて 4650円 になっていたので注文しました。 内蔵ゲームの20種類をネットで調べてみたのですが知らないタイトルが多かったです。そこで手持ちのゲームをUSBメモリに入れて動くようにしようと思います。本体の改造はしません。USBメモリにデータを入れてそこから起動するような方式にします。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

余っているスマホをレトロゲーム機に

スマホが1台余っているので、こいつをゲーム機にしてしまおうという・・・ もちろんSIMカードは抜いてあります。しかしWiFiで接続できるわけですからネットからダウンロードしたりメールを受け取ったりはできるわけです。この機種はSDカードが入れられない機種でしたがあアプリはGooglePlayからダウンロードできるので問題ありません。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高性能な中華携帯ゲーム機 LDK

今話題の(でもないか)LDKです。Little Dragon King 携帯ゲーム機です。小さいのに高性能。プレステも動かせます。箱に入っているのは本体の他にはAVケーブルとUSBケーブルのみ。説明書がありません。色は透明と黄色のみ。電源を入れるとタイトル画面のあと中国語・・・ 2.6インチLCDなのに6888円と高価でしたが、自分で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

画面の大きな携帯ゲーム機を作る

画面の大きな携帯ゲーム機が欲しい・・・ということでこんなものを作りました。 ただのAndroidタブレットにSWITCH風のコントローラーを取り付けただけですけど。。。 (走っているゲームは無料で公開されているBlade Busterです) タブレットはmoonka7インチを6888円で購入しましたが最終的に交換しまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レトロゲームをUSBで持ち歩く(Recalbox6.0)

以前、Raspberry Pi 3B+にゲームOSのRecalboxをインストールして「ゲーム機を作る」という記事を書きましたが、Raspberry Pi自体が5000円もしますので部品費の合計が1万円近くになってしまいました。 そこで古いPCでRecalbox6.0を動かしてみようと思い立ちました。RecalboxにはPC版もあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Windowsでレトロゲーム(RetroArch)

以前、Raspberry Piを使ったゲーム機の製作という記事を書いたのですが、本体基板が5000円で合計1万円近くかかってしまいました。 もし、古いPCがあればコントローラーだけですむので1000円でできるのではないかと思い、ゲームランチャー(複数のエミュレータが切り替えできる)を探していたところRetroArchというソフトが見つ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more