スクラッチ(Scratch)で「ブロックくずし」を作る(詳細解説付)

今回は少し複雑なゲーム、「ブロックくずし」です。(と言っても40行くらいですが・・・)ゲームの動作としては、スタートするとまずパドルがマウスの動きに連動して水平方向に動きます。マウスの左ボタンクリックでボールが出てきます。戻ってくるボールをパドルで跳ね返します。跳ね返すことができなければGAME OVER、すべてのブロックを消したらCL…
コメント:0

続きを読むread more

スクラッチ(Scratch)でシンセサイザーを作る(詳細解説付)

今回は、いろいろな楽器の音が出せるシンセサイザーを作ります。スクラッチでは拡張機能でたくさんの楽器の音が出せるのですが、とりあえず5種類の楽器に限定しています。音階はキーボードを鍵盤に見立ててドがA、レがS、ミがD・・・シがJ、ドがKです。黒鍵はW,E T,Y,Uとなります。楽器の切り替えもキーボードにしました。数字キーの1から5で…
コメント:0

続きを読むread more

スクラッチ(Scratch)で「モグラたたき」を作る(詳細解説付)

 点数や時間の表示もあって複雑そうに見えますが、20行程度で作ることができました。 プログラムを作る前にまず「モグラたたき」ゲームの仕様を考えましょう。画面上に6個の穴があり、そのうちのどこかに(ランダムな位置に)モグラが出現します。出現してから1秒以内にマウスでクリック(叩く)できれば1点加算されます。20秒以内に何回モグラをク…
コメント:0

続きを読むread more

スクラッチ(Scratch)プログラミング(2)アナログ時計(詳細解説付)

デジタル時計はプログラムについては簡単でしたが、画像を用意するのがたいへんでした。アナログ時計はどのように作ればいいのでしょうか。文字盤については背景として置けばよさそうです。問題は針の描画です。これについてはスプライトを回転させるという方法で実現できそうです。最初に文字盤を用意しましょう。私はAmazonの商品画像を利用しました。ここ…
コメント:0

続きを読むread more

スクラッチ(Scratch)プログラミング(1)デジタル時計(詳細解説付)

スクラッチのサンプルプログラムで時計を作ってみました。制作過程をできるだけ丁寧に解説したつもりです。 まずスクラッチがまだパソコンにインストールされていない場合はホームページのダウンロードページからダウンロードして実行し、インストールしてください。プログラムの概要を説明します。時計には時間、分、コロンの3つのスプライトを使います。コロ…
コメント:0

続きを読むread more

スクラッチ(Scratch)でできること

 スクラッチ(Scratch)というプログラミング言語があります。アメリカのマサチューセッツ工科大学が開発した子供向けの言語です。最近では小学校でも教材として使われているようです。先生がやってみせるだけのようですがやっぱりプログラミングは『習うより慣れよ』ですからそれではちょっとね・・・。  スクラッチについては、インストール不要でブ…
コメント:0

続きを読むread more

タイピングクエスト、エレコムのキーボードが使えた

すべてのUSB無線キーボードが使えるわけではないようです。実際にTK-FDM078MBKでやってみたところうまくいきました。参考まで。。。。、、、もう売っていないようです。下記の無線キーボードは全く同じ品番ではないけどたぶん同じものです。(ちなみにTK-FDP021BKはリターンキーが効かず使用できませんでした)エレコム キーボード ワ…
コメント:0

続きを読むread more

ハイレゾ対応ミュージックサーバーの製作(最小構成)

今回はRaspberryPi ZERO WHを使って最小構成でハイレゾ対応ミュージックサーバーを作ります。RaspberryPi 3Bと比べて消費電力も少ないですし、費用も半分くらいでできます。ただし音質はRaspberryPi 3B + KUMAN DACの方が若干良かったです。(2021/04/24追記:RaspberryPi ZE…
コメント:0

続きを読むread more

音楽CDから高音質でリッピングする

CDから音楽データに変換するときにmp3形式にすると音質が低下します。mp3の代わりにFLAC形式でリッピングすると高音質になるわけですが、そもそもCDからリッピングするのだからCD音質より良くはならない。デジカメの画像でたとえると、今までJPEG(非可逆圧縮)で保存していたのをRAW形式をZIP圧縮(可逆圧縮)で保存しておくようなもの…
コメント:0

続きを読むread more

パソコンでハイレゾ音楽を聞く

ノートパソコンにはスピーカーが内蔵されていますし、デスクトップパソコンにPC用スピーカーを接続している人も多いと思います。しかし、その音質はひどいものです。パソコンで音を出すにはデジタルをアナログに変換しなくてはいけないわけですが、もともと音楽を聞くためのものではないのでA-D変換に簡単な回路が使われているためです。でも最近では音楽デー…
コメント:0

続きを読むread more

ハイレゾ対応ミュージックサーバーの製作(3)

 今回はスマホでの操作について説明します。 前回までミュージックサーバーの操作はPCのブラウザからリモート操作で行ってきました。しかし、例えば寝室にミュージックサーバーを置くような使い方をする場合、スマホで操作できれば便利です。 実はスマホのブラウザではvolumioを開くことができません。その代わり、専用のアプリが用意されています。 …
コメント:0

続きを読むread more

ハイレゾ対応ミュージックサーバーの製作(2)

 今回は音楽データの転送について説明します。 音楽データを入れる場所としては3種類あります。  1.OSを入れたマイクロSDカードにWiFiで書き込む 2.ネットワーク上の場所に置いておく 3.WindowsPCでUSBメモリに書き込んだものを差し込む  最初はWindowsからRaspberryPiに差し込んであるマイクロSDカードに…
コメント:0

続きを読むread more

ハイレゾ対応ミュージックサーバーの製作(1)

 ラズパイとDACボードでミュージックサーバーを作りました。なかなか良い音がしますので作り方を説明します。費用は1万円です。(アンプとスピーカーは別)製作と言ってもドライバ一本でできます。 1回目は部品調達から音を出すまでについてです。2回目は音楽データの転送について、3回目はスマホでコントロールする方法を説明する予定です。  必要なパ…
コメント:0

続きを読むread more

携帯ゲーム機 GAME HATの製作

前にゲームボーイ風のケースにRaspberryPi ZEROを入れて携帯ゲームを作るというのをやりましたが、今回はRaspberryPi3で携帯ゲームを作ります。(RaspberryPi4でも可能)基板むき出しでなんとも言えないデザインですが、スイッチ類が高級な部品を使っていて他の携帯ゲーム機とは違った使い心地でゲームもやりやすかったで…
コメント:0

続きを読むread more

Raspberry Pi ZEROにWiFi機能を追加する

RaspberryPi ZEROはスイッチサイエンスで660円で入手できます。(会員のみ一人一台限り)でも、この660円のRaspberryPiにはWiFiが付いていません。 ゲーム機を作る場合、ゲームデータを入れるためには一時的でもWiFi機能が欲しいところです。  ゲームOSにRetropieを使う場合はUSBメモリから入れられるの…
コメント:0

続きを読むread more

1万円でパソコンを作ってみた(8)写真編集ソフト

 今回はフォトレタッチソフトGIMP(ギンプ)のインストールと説明をしたいと思います。  まずはインストールから・・・ デスクトップの上部にある "LXTerminal" を起動します。     黒いウィンドウが出てきます。      そこに次のコマンドを打ち込みます。 sudo apt-get install gimp  yを入力する…
コメント:0

続きを読むread more

1万円でパソコンを作ってみた(7)高度な画面キャプチャー

 画面キャプチャー機能は非常に便利です。RaspberryPi OSにはPrtScキーを押すとpiフォルダ直下に現在の画面全体がpngファイル形式で保存されるという機能が標準で組み込まれています。  しかし次のようにアプリをインストールすればさらに高度な画面キャプチャーも可能です。 デスクトップの上部にある "LXTerminal" を…
コメント:0

続きを読むread more

1万円でパソコンを作ってみた(6)アプリおよびWindowsとのやりとり

 今回は標準で付いてくるアプリケーションについての説明とWindowsとのファイルのやりとりを説明します。  画面の左上のラズベリーマークをクリックするとメインメニューが表示されます。 一番上はプログラミング関係です。 Scratchが有名ですが現在はScratch3が標準です。小学校で教える言語になります。 さらにPythonも含まれ…
コメント:0

続きを読むread more

1万円でパソコンを作ってみた(5)日本語入力とインターネット

 今回は、まず日本語入力システムの導入から・・・  デスクトップの上部にある "LXTerminal" を起動します。黒いウィンドウが出てきます。 そこにコマンドを打ち込みます。  1.パッケージリストをアップデートします。sudo apt-get update (リターンキーを押してからしばらく処理が終わるまで待ちます)  2.Goo…
コメント:0

続きを読むread more

1万円でパソコンを作ってみた(4)OSの起動と設定

  今回は、RaspberryOSの起動と設定です。 まず最初にテレビにHDMIケーブルを接続してテレビの電源を入れます。テレビの入力切替でHDMIを選択します。次に無線キーボードマウスの場合はキーボードとマウスの電源を入れます。最後にラズベリーパイの電源を入れます。画面に次のような文が表示されます。そして画面は真っ暗になります。そのま…
コメント:0

続きを読むread more

1万円でパソコンを作ってみた(3)OSのインストール

 今回は、いよいよOSのインストールです。ラズベリーパイはマイクロSDカードを入れ替えることにより、いろいろなOSを交換して使うことができます。パソコンのほかにもゲーム専用機にすることもできます。 今回はパソコンとして使うためラズベリーOSを書き込みます。  マイクロSDカードの書き込みは専用のソフトを使います。これはラズベリーパイで使…
コメント:0

続きを読むread more

1万円でパソコンを作ってみた(2)組み立て

 最初にラズベリーパイ4基板にヒートシンクを取り付けます。ヒートシンクは両面テープで貼り付けるようになっています。大きさが異なりますので合うチップに貼り付けます。(ケースの説明書を参照)      本体基板をケースに取り付けます。アクリル板にファンを取り付けます。ファンの本体が内側になるようにします。ファンから出ている線は赤がプラス、黒…
コメント:0

続きを読むread more

1万円でパソコンを作ってみた(1)部品の準備

   『パソコン』といってもWindowsパソコンではありません、ラズベリーパイを使ったパソコンです。Windowsのソフトは動きませんが、オフィス互換ソフトも入っていますし、メールやインターネットはもちろんYoutubeも快適に見ることができます。写真を加工したりさらにはスクラッチやPythonでプログラム開発もできます。  今回はハ…
コメント:3

続きを読むread more

Diabloを持ち歩く

実はPSPに導入したCFWにはPS1(初代プレステ)のエミュレータが入っているのです。初代プレステにはDiabloがあります。ということはPSPでDiabloが持ち歩ける・・・ということでやってみました。結果はオープニングは正常に表示されますがLOADINGのところでフリーズします。腹が立ったので前に買ったLDK(中華ゲーム機)に入れて…
コメント:0

続きを読むread more

Diabloをウィンドウサイズで実行する

初代Diabloを起動すると画面全体を使ってしまいます。ですがMODを導入することによりWindowサイズで実行できます。動作も安定しますし、ほかにもいろいろ機能が追加されています。(マシンによってはうまく動かないことがあるそうです) 追加方法は簡単です。ここからZIPファイルをダウンロードします。(画面の右にあるDOWNLOAD) …
コメント:0

続きを読むread more

PSPにCFW(カスタムファームウェア)を導入する

先日、AmazonでPSPを調べていたら2333円で売っていたのを見つけたのでとりあえずポチってみました。どんなのが届くかと心配でしたが届いたものはピカピカの新品同様のものでした。日頃の行いが良いからでしょうね。 しかし付属品は全くなし。バッテリーもありません。しかたないので追加でパーツを注文しました。ソフトケースなども買ったので…
コメント:0

続きを読むread more